リピジュアの特徴と効果

『リピジュア』という保湿成分をご存知ですか?この成分は、人工的に開発された保湿成分ですが、人間の涙にも含まれるリン脂質という細胞膜の成分がモデルとなっている成分です。

 

お肌の保湿成分というとセラミドやヒアルロン酸などはよく知れれていて有名ですが、リピジュアはセラミドと同じ細胞間脂質の構造を持っていて、ヒアルロン酸の約2倍もの保湿力があると言われている成分です

 

そして、リピジュアの最大の特徴は持続性で、一般的に化粧品に配合されている保湿成分は、洗顔をすると流されてしまいますが、リピジュアは、なんと洗顔しても落ちないという性質を持っているのです。これって凄くないですか?つまり保水性に優れているので、保湿をするにはピッタリの成分なのですね。

 

この持続性はあらゆる分野で活かされていて、例えば医療機器分野だとコンタクトレンズやコンタクトレンズのケア用品などに使用されているそうです。

 

お肌への働きとしては、保水の効果を活かした乾燥肌や敏感肌の改善や乾燥による肌トラブルの解消が挙げられます。肌トラブルの原因はいろいろありますが、どんなトラブルであっても大元は保水力の低下による乾燥です。

 

特に、肌細胞の入れ替えを行うターンオーバーは、肌が乾燥していると正常に行われなくなります。保湿効果があると言われる成分は現在たくさんありますし、保湿ケア専用の基礎化粧品もいろいろありますが、それでも乾燥に悩む方が多いのは、肌自体が保水機能を失っているからです。

 

基礎化粧品でいくら保湿成分を補給しても、そのほとんどは水分と一緒に蒸発したり、浸透せずに落ちていってしまうので、乾燥を改善するのはとても難しいのですね。

 

ですが、リピジュアは生体適合性があるので、角質層でセラミドと同じ働きをもって肌細胞の間で水分を保持したり、ヒアルロン酸以上に水分を保持します。しかもその効果がずっと続くので、乾燥を改善してターンオーバーを正常化し、肌環境を整えてトラブルが起こりにくく健康な肌へと導いてくれます。

 

肌トラブルは、しわやたるみ、シミ、毛穴の開き、くすみ、角質粒などいろいろありますが、ターンオーバがきちんと行われていれば、どんな症状でも改善することができます。特に、老化による乾燥は保水力が改善の鍵になるので、角質粒などに悩んでいる方はリピジュアでケアをしてみるといいでしょう。

病院での治療に抵抗がある方は自宅でケアを始めてみませんか?

現在、気になる角質粒をケアをするクリーム、ジェル、オイルなど種類も増えネットでも販売されています。ですが、いざ選ぶとなると、どの商品にすれば良いのか迷ってしまいます。 どんな成分が配合されており、どんな働きをしてくれるのか?使用した人はどうだったのだろう?お値段はいくらなんだろう?などなど・・・。どの商品もこだわったって製造されていますが、特徴、配合成分、価格などが違います。自分の納得のいく商品を選ぶことが何よりも大切です。 当サイトでは、今人気の商品の配合されている成分や特徴を紹介しています。ぜひ参考にしてください。
アクアビューティから発売されている『艶つや習慣』は、販売累計23万個!多くの人に選ばれているオールインワンジェルです。最大の特徴は「角質ケア」と「スキンケア」をこれ一つでできる点です。あんずエキス、ヨクイニエキス、プラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、アスタキサンチン、アロエベラ、クチナシなどの成分配合。>≫つづきをみる
『シルキースワン』は、ダブルのヨクイニンパワーにオオバクエキス、チャカテキン、ビタミンC誘導体など贅沢配合!さらに、オウゴン根エキス、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ダイズ種子エキス、カンゾウ根エキス、スクワラン、杏仁油、ドクダミエキス、9種類美容成分配合のジェル。≫つづきをみる
『アプリアージュオイルS』で使用している杏仁オイルは南フランスにあるフランス政府が認定した権威あるオーガニックハーブ研究所フィトフランス社で低温圧搾された一番搾りだけを使っています。≫つづきをみる
『アンミオイル』は、杏の種の中にある杏仁という核部分から抽出した希少なオイル。お肌に潤いやハリを与える成分を豊富に含む7つの脂肪酸を同時に摂ることができます。≫つづきをみる
『ぽっつるん』は、いぼのような古い角質が溜まってできたぼつぼつに効果のあるハトムギエキス(ヨクイニンエキス)とリピジュアを配合した皮膚科の先生が開発した軟膏クリームです。≫つづきをみる