まずは作らないように予防しよう!

顔や首といった気になる部位にできる角質粒。できてしまう主な原因は、老化や紫外線による影響で新陳代謝がスムーズに行きなわれないのが原因といわれています。一度できた角質粒をそのまま放置してしまうと、どんどん増えてしまうことにも・・・そうならないためにも作らないための予防方法やケアをご紹介したいと思います。

 

古い肌から新しい肌へ!このお肌の生まれ変わり、新陳代謝(ターンオーバー)が正常に行われるということが美肌の基本となります。よく、新陳代謝は28日で肌は生まれ変わると言いますが、新陳代謝(ターンオーバー)は、基底層で新しい細胞を作り出し、それが代謝によって角質まで押し上げられて、最後は垢となって剥がれ落ちます。この標準的なサイクルの日数を28日と言っています。

 

しかし、、新陳代謝(ターンオーバー)は老化に伴い遅くなってしまうといわれています。また、新陳代謝は自律神経によってコントロールされているので、自分でやろうと思って出来るものではありません。

 

ただし、毎日の悪い生活習慣や肌の状態によって、正常に行われなくなってしまいます。すると、肌の肌理が粗くなったり、シミが出来たり、皮膚の老化でシワが出来てしまうのです。低下した新陳代謝(ターンオーバー)を高めるには、まずは規則正しい生活習慣を送ることが基本です。

 

新陳代謝を高める為に大切なこと

規則正しい生活

新陳代謝を高めるためには、バランスのよい食事を取り、睡眠もしっかりとって、入浴や運動などできちんと汗をかく。これが基本!出来ていないと、血液の流れも悪くなり、体に毒素などが溜まって新陳代謝を低下させてしまいます。特に、午後10時から午前2時は、肌のターンオーバーが活発になるので、しっかり睡眠を取りましょう。

 

肌を乾燥させない!

次に重要となるのは、肌を乾燥させないことです。角質層の部分にうるおいが足らないと、肌の柔軟性がなくなりターンオーバーが乱れてしまいます。また、深層部がうるおい不足になると、基底層での働きが低下して、新しい肌細胞の生成がスムーズに行われません。ですから、肌にしっかりうるおいを補給すると同時に、水分を保持するためにバリア機能も強化しましょう。

 

紫外線から肌を守る

そして、紫外線やメイクなど、肌に負担をかけるものもターンオーバーのサイクルを乱します。例えば、紫外線でダメージを与えると、肌は細胞を早く修復しようとしてターンオーバーの周期が早まります。すると、正常な肌細胞が作られなくなるので、肌に負担がかかる紫外線やメイクの落とし残しには気をつけましょう。

 

病院での治療に抵抗がある方は自宅でケアを始めてみませんか?

現在、気になる角質粒をケアをするクリーム、ジェル、オイルなど種類も増えネットでも販売されています。ですが、いざ選ぶとなると、どの商品にすれば良いのか迷ってしまいます。 どんな成分が配合されており、どんな働きをしてくれるのか?使用した人はどうだったのだろう?お値段はいくらなんだろう?などなど・・・。どの商品もこだわったって製造されていますが、特徴、配合成分、価格などが違います。自分の納得のいく商品を選ぶことが何よりも大切です。 当サイトでは、今人気の商品の配合されている成分や特徴を紹介しています。ぜひ参考にしてください。
アクアビューティから発売されている『艶つや習慣』は、販売累計23万個!多くの人に選ばれているオールインワンジェルです。最大の特徴は「角質ケア」と「スキンケア」をこれ一つでできる点です。あんずエキス、ヨクイニエキス、プラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、アスタキサンチン、アロエベラ、クチナシなどの成分配合。>≫つづきをみる
『シルキースワン』は、ダブルのヨクイニンパワーにオオバクエキス、チャカテキン、ビタミンC誘導体など贅沢配合!さらに、オウゴン根エキス、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ダイズ種子エキス、カンゾウ根エキス、スクワラン、杏仁油、ドクダミエキス、9種類美容成分配合のジェル。≫つづきをみる
『アプリアージュオイルS』で使用している杏仁オイルは南フランスにあるフランス政府が認定した権威あるオーガニックハーブ研究所フィトフランス社で低温圧搾された一番搾りだけを使っています。≫つづきをみる
『アンミオイル』は、杏の種の中にある杏仁という核部分から抽出した希少なオイル。お肌に潤いやハリを与える成分を豊富に含む7つの脂肪酸を同時に摂ることができます。≫つづきをみる
『ぽっつるん』は、いぼのような古い角質が溜まってできたぼつぼつに効果のあるハトムギエキス(ヨクイニンエキス)とリピジュアを配合した皮膚科の先生が開発した軟膏クリームです。≫つづきをみる