冷凍凝固療法

 

治療方法

皮膚科で行っているイボを取り除く治療法には、内服薬での治療方法、レーザー治療方法と液体窒素を使って冷凍凝固療法がありますが、現在のイボの治療法として一番よく行われている方法が液体窒素を使って冷凍凝固する治療方法です。

 

冷凍凝固療法というのは、マイナス196℃の液体窒素でイボの組織細胞を壊死させるという治療法です。液体窒素をイボの大きさに合わせた綿棒に染み込ませ、それを患部に押し当てて細胞が壊死するまで数回続けます。細胞が壊死すると治癒力によって代謝が高まり新しい細胞が作られます。この代謝が繰り返させることで、健康な細胞が壊死した組織と入れ替わってイボを取り除いていきます。

 

この方法は、尋常性疣贅(ウイルス性いぼ)、青年性扁平疣贅、尖形コンジローマ、老人性疣贅(老人性イボ)や軟性線維種などほとんどのイボに対して行行える治療方法です。

 

メリットについて

冷凍凝固療法の最大のメリットは、保険が適用されるということです。医療用ハサミで切り取る場合でも保険は適用されますが、この方法はイボの大きさによって治療ができないことがあります。また、炭酸ガスレーザーは大きさに関係なく治療ができますが、保険適用外となるため高額な費用がかかってしまいます。

 

冷凍凝固療法は、イボが大きくても治療ができますし、保険も使えるのでどんなイボであっても治療費を安く抑えることができます。それに、綿棒を患部に押し当てる治療法なので、治療時間も短く手軽にできるところもメリットですね。

 

知っておきたいデメリット

ただし、この冷凍凝固療法は痛みが強く、跡が残る可能性があるというデメリットがあります。冷凍して細胞を壊死させるのは、簡単に言うと低温火傷をさせることになるので、術後には患部がかなり痛みますし、水ぶくれなどができることも少なくありません。

 

さらに火傷をするとメラニン色素が大量に発生しますから、液体窒素を当てた部分に色素沈着が残りやすいです。そのため顔や首筋など目に付く部位に施術をすると、イボはなくなっても跡が目立ってしまいます。

 

また、炭酸ガスレーザーと同じく、治療は1回でイボがすべてとれることはまれで、数回続ける必要があり数ヶ月から1年通わなくてはいけませんし、イボの根っこが深いと再発する可能性があるのもデメリットでしょう。

 

価格について

このようにデメリットの方が目立つ冷凍凝固療法ですが、価格はとても安いのが魅力です。
医療機関によって違いはありますが、例えば3つのイボを取り除く場合、3割負担なら1回600円程度、1割負担なら200円ぐらいなので目立たない部分だったら試してみるのもいいですね。

 

病院での治療に抵抗がある方は自宅でケアを始めてみませんか?

現在、気になる角質粒をケアをするクリーム、ジェル、オイルなど種類も増えネットでも販売されています。ですが、いざ選ぶとなると、どの商品にすれば良いのか迷ってしまいます。 どんな成分が配合されており、どんな働きをしてくれるのか?使用した人はどうだったのだろう?お値段はいくらなんだろう?などなど・・・。どの商品もこだわったって製造されていますが、特徴、配合成分、価格などが違います。自分の納得のいく商品を選ぶことが何よりも大切です。 当サイトでは、今人気の商品の配合されている成分や特徴を紹介しています。ぜひ参考にしてください。
アクアビューティから発売されている『艶つや習慣』は、販売累計23万個!多くの人に選ばれているオールインワンジェルです。最大の特徴は「角質ケア」と「スキンケア」をこれ一つでできる点です。あんずエキス、ヨクイニエキス、プラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、アスタキサンチン、アロエベラ、クチナシなどの成分配合。>≫つづきをみる
『シルキースワン』は、ダブルのヨクイニンパワーにオオバクエキス、チャカテキン、ビタミンC誘導体など贅沢配合!さらに、オウゴン根エキス、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ダイズ種子エキス、カンゾウ根エキス、スクワラン、杏仁油、ドクダミエキス、9種類美容成分配合のジェル。≫つづきをみる
『アプリアージュオイルS』で使用している杏仁オイルは南フランスにあるフランス政府が認定した権威あるオーガニックハーブ研究所フィトフランス社で低温圧搾された一番搾りだけを使っています。≫つづきをみる
『アンミオイル』は、杏の種の中にある杏仁という核部分から抽出した希少なオイル。お肌に潤いやハリを与える成分を豊富に含む7つの脂肪酸を同時に摂ることができます。≫つづきをみる
『ぽっつるん』は、いぼのような古い角質が溜まってできたぼつぼつに効果のあるハトムギエキス(ヨクイニンエキス)とリピジュアを配合した皮膚科の先生が開発した軟膏クリームです。≫つづきをみる