毛細血管の役割

 

幾つになっても、ハリと弾力があり透明なお肌は憧れます。じつは、その美肌に関わり重要な役割をしているのは毛細血管だったんです!その役割と毛細血管を活性化させる方法についてまとめています。

 

毛細血管は、動脈と静脈をつないでいる毛のように細い血管。網目状のようになっていて酸素と二酸化炭素のガス交換や栄養素を届け老廃物を回収しています。実は、この役割を行っているのは血管では毛細血管だけなんだそうです。

 

この毛細血管、体の全体に張り巡らされており、なんと血管の99%を占めています。その長さは地球2周半の長さなんだそうです。動脈とか静脈は1%にしかすぎないんですね。

 

毛細血管の太さは、5〜10ミクロンと言う細さ、その周りに壁細胞が覆う事によって毛細血管の構造が安定しているそうです。

 

ですが、加齢とともに徐々に周りの壁細胞が弱くなり剥がれ落ちてしまうのです。すると毛細血管はもろくなりつぶれてしまい最終的には消えてなくなってしまうのです。これをゴースト化と専門家は言っているそうです。

 

毛細血管が消えてゴースト化してしまう、その影響を一番いけやすいのが、お肌で酸素や栄養が行き渡らなくなります。すると、肌老化がはじまりシミやシワの原因になってしまうのです。

 

それだけではありません。肝臓や腎臓などの内臓にも毛細血管があるそうです。加齢と共に毛細血管が減少するとお酒に弱くなってしまったり、腎障害、認知症、骨粗鬆症などを引き起こすと言う研究データーがあるそうです。

 

毛細血管の数は、30代と70代を比べると70代の人は4割位減っていると言われているそうです。ですが、毛細血管の減少は加齢だけが原因ではく生活習慣も影響していると考えられています。

  • 運動は大切ですが筋力運動などの激しい運動は活性酸素を出してしまうので毛細血管にダメージを与えてしまう。
  • 食事ではAGEが多い食事を摂っていると毛細血管にダメージを与えてしまう。

【AGEとは】
AGEとは、糖とたんぱく質が加熱されることで出来る物質。お肉など動物性脂肪を焼いたり揚げたりした加熱した食品に多く含まれていて約7%が蓄積し毛細血管に悪影響を及ぼす。

 

つまり、毛細血管は美容・健康維持にためには毛細血管の減少や劣化を防ぐ必要があるのです。

 

毛細血管を活性化せせるには!

毛細血管と壁細胞をくっつけている受容体があります。それがTie2。そのTie2を活性化させるのが桂皮エキス。最近の研究で、桂皮エキス毛細血管の漏れを90%抑える事がわかっているんだそうです。

 

桂皮エキスからつくれれているのが、シナモンやニッキです。1日0,6g摂取することでTie2が活性化して毛細血管が若返ると言う研究もあるんですよ、

 

さらに、手足に毛細血管の7割あると言われています。手をグーパーを繰り返したり、足の踵の上げ下げを1日20回繰り返すことで血流が良くなるそうです。

 

手をグーパーで開いたり閉じたい、足を上下に動かす位なら、仕事中でもいつでもできますよね。仕事の合間に皆さんも実践して毛細血管を増やして美肌をキープしましょうね。