老化が原因でできる理由

紫外線

気になる角質粒や小さなイボのようなポツポツは、簡単に言うと、基本的に良性の腫瘍で皮膚がダメージによって変成して角化した状態です。

 

そのため皮膚の生まれ変わり新陳代謝が低下するとできやすいと考えれれており、加齢とともにできやすくなります。しかし、近年は年齢に関わらず若い20代でもできてしまい悩んでいる人が増えているようです。その要因は紫外線です。

 

紫外線というのは肌に大きなダメージを与えますが、若ければターンオーバーなどで新しい肌細胞と古い角質を入れ替えて皮膚を健康な状態に保てます。ところが、このターンオーバーは年齢とともに衰えてしまうのです。

 

そのため、徐々に紫外線のダメージが蓄積していき、やがて蓄積が許容範囲を超えると、皮膚が角化してしまいザラザラや小さなつぶつぶにようなイボが出来てしまうのですね。

肌機能の低下

もう一つの原因となる肌機能の低下は、ターンオーバーも関係していますが、年齢を重ねるとコラーゲンやヒアルロン酸などの合成量が著しく減少します。これらの成分は水分保持や肌の弾力に欠かせないため、合成量が少なくなると皮膚が乾燥しますし、さらに細胞の一つ一つも水分量が減ってしまうので、柔軟性も弾力も失われて硬くなってしまいます。そのため、角化が起こって角質粒が出来やすくなります。

 

角質粒や老化が原因のイボは良性の腫瘍なので、見た目さえ気にしなければ、特に身体に悪いものではありません。ただ、老化が原因でできるイボは、目につきやすい箇所に出来てしまうため、特に女性の場合だと気になってしまうでしょう。

 

老化によるイボができやすいのは、顔や首など紫外線が当たりやすく、肌へのダメージが蓄積しやすい箇所です。特に首は紫外線対策をし忘れてしまうことが多いので、シワが寄った部分などにポツポツとできているのを見かけますね。

 

イボには、脂漏性角化症やアクロコルドン、スキンタッグなどの種類があり、目立つものと目立たないものがあります。ですが突起になっているのでどうしても気になりますし、触ったときの違和感も感じるので取ってしまいたいという方も多いでしょう。

 

イボはセルフケアで治せることもありますし、医療機関などでも取ることもできますが、正しい方法で取らないと症状が悪化することもあるので、イボの基礎知識からケア方法までしっかり学んでおきましょう。

病院での治療に抵抗がある方は自宅でケアを始めてみませんか?

現在、気になる角質粒をケアをするクリーム、ジェル、オイルなど種類も増えネットでも販売されています。ですが、いざ選ぶとなると、どの商品にすれば良いのか迷ってしまいます。 どんな成分が配合されており、どんな働きをしてくれるのか?使用した人はどうだったのだろう?お値段はいくらなんだろう?などなど・・・。どの商品もこだわったって製造されていますが、特徴、配合成分、価格などが違います。自分の納得のいく商品を選ぶことが何よりも大切です。 当サイトでは、今人気の商品の配合されている成分や特徴を紹介しています。ぜひ参考にしてください。
アクアビューティから発売されている『艶つや習慣』は、販売累計23万個!多くの人に選ばれているオールインワンジェルです。最大の特徴は「角質ケア」と「スキンケア」をこれ一つでできる点です。あんずエキス、ヨクイニエキス、プラセンタエキス、ヒアルロン酸、コラーゲン、アスタキサンチン、アロエベラ、クチナシなどの成分配合。>≫つづきをみる
『シルキースワン』は、ダブルのヨクイニンパワーにオオバクエキス、チャカテキン、ビタミンC誘導体など贅沢配合!さらに、オウゴン根エキス、プラセンタエキス、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸Na、ダイズ種子エキス、カンゾウ根エキス、スクワラン、杏仁油、ドクダミエキス、9種類美容成分配合のジェル。≫つづきをみる
『アプリアージュオイルS』で使用している杏仁オイルは南フランスにあるフランス政府が認定した権威あるオーガニックハーブ研究所フィトフランス社で低温圧搾された一番搾りだけを使っています。≫つづきをみる
『アンミオイル』は、杏の種の中にある杏仁という核部分から抽出した希少なオイル。お肌に潤いやハリを与える成分を豊富に含む7つの脂肪酸を同時に摂ることができます。≫つづきをみる
『ぽっつるん』は、いぼのような古い角質が溜まってできたぼつぼつに効果のあるハトムギエキス(ヨクイニンエキス)とリピジュアを配合した皮膚科の先生が開発した軟膏クリームです。≫つづきをみる